ボンネットオープナーの修理

Posted by sibatomo | Z4(E85) | 月曜日 23 7月 2012 10:38 PM

納車されてそろそろ1ヶ月が経つZ4ですが、走行に関する部分は非常に好調で、特に良く効いて扱いやすいブレーキは大変気に入っています。

ですが、納車時から細かいトラブルがいくつかあり、ボンネットが開かないのもそのうちの1つ。

納車整備しているはずなのにボンネットが開かないってすごい。

車屋さんにクレームをつけてみたところ、
 1.整備中は問題なく開いていた
 2.現状渡しということで勘弁してください
とのこと。

たしかにそういう取引条件だったのでしょうがない。自分で直す。

ディーラー見積もりをとってみると、
 1.フードロック交換
 2.エンジンフードメカニズム交換
 3.ボーゲンケーブル交換
とてんこ盛りで、工賃込み3万円弱!!しかたない、自分で直す。

おそらく原因はインナーワイヤーの延びかケーブルハウジングの縮みか損傷で、十分な稼働距離が稼げていないんだけど、なにしろサービスマニュアルが無いのでどこから手をつけて良いのか…

まず、運転席足下のボンネットオープナーのレバーを外してみたらワイヤーの一端があるものの、丈夫なバネでテンションがかかっていて外すのは大変そう。

一旦諦めボンネット側からアクセス。グリルをおりゃってしてそこからハウジングをどりゃってしたら、開きました。笑
なんと工具を使わず車にロックがかかっていても開けられます。なんたるセキュリティホール!!

ワイヤーの経路を確認してみたところ、これは確かにめんどくさそう。なので、対処療法にしました。
インナーケーブルが伸びて、アウターのハウジングが縮んだ分、金属片を食い込ませて距離を稼げるようにしてみました。

動作確認をして完了!
1円も使わずに何とかなりました!^^v

»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment